手術後を考えよう|美容外科で新しい私になれる|思いっきり楽しむために

美容外科で新しい私になれる|思いっきり楽しむために

婦人

手術後を考えよう

女性

手術のタイミング

脂肪吸引治療を受けた場合、治療後にはダウンタイムという期間があるのが一般的です。その期間や症状については個人差はありますが、1カ月程度は圧迫下着を身に着けて生活する必要があります。圧迫している間は、激しい運動は避けるようにしましょう。また、仕事で制服を着る必要があるという場合には、脂肪吸引治療を受けた部位にもよりますが、圧迫下着が見えてしまうこともあります。特に二の腕やふくらはぎの脂肪吸引治療を受けた時には、圧迫下着が目に付きやすいため、長袖の時期に手術を受けたり、長期間休暇を取ることが出来る時に手術を受けるようにすると良いでしょう。また、活動量が多い生活を送っているという場合には、治療後すぐに同じような生活を送ることは簡単ではありませんので、大型連休などを利用して治療を受けるようにしましょう。

治りが遅くなる事はない

脂肪吸引後の圧迫には、個人差はありますが痛みやむくみなどが見られることがあります。我慢することが難しいほどの痛みがあるという場合には、痛み止めを使用することを検討するようにしましょう。痛み止めには内服薬の他に座薬やテープタイプなどがあります。内服薬よりも座薬のほうが痛み止めの効果を早く感じられることが多いようです。特に脂肪吸引直後は強い痛みを感じることが多いため、医師に相談し、痛み止めを使うようにしましょう。痛み止めを使用したからと言って、治りが遅くなるということや脂肪吸引の結果に悪影響を及ぼすということはありません。むしろ、痛みを我慢したほうが治りが遅くなってしまう可能性がありますので、上手く痛みをコントロールしましょう。