まぶたのラインを作る|美容外科で新しい私になれる|思いっきり楽しむために

美容外科で新しい私になれる|思いっきり楽しむために

婦人

まぶたのラインを作る

目

埋没法の長所と短所

二重整形には大きく分けて、糸でまぶたを持ち上げる埋没法と、メスを入れて二重のラインを作る切開法があります。埋没法は手軽でダウンタイムが短い反面、いずれは糸が緩んで戻ってしまうのが特徴です。しかし1か月程度で糸が取れてしまうのは、明らかに失敗と言えるでしょう。この場合はクリニックに相談すれば、再施術を受けられる可能性があります。まぶたの脂肪が部厚いほど、重みで糸が取れやすくなるため、二重整形をするなら埋没法よりも切開法のほうが向いています。埋没法には糸の結び目が外から膨らんで見えたり、目がゴロゴロしたりする失敗例もあります。技術の未熟なドクターにありがちな失敗で、抜糸をすれば元に戻すことができます。

再手術も可能

切開法は効果が半永久的に続く二重整形で、完成までに時間はかかりますが、まぶたのたるみが目立つ方にも適しています。メスを入れるだけに内出血や傷跡のリスクがあり、慎重にクリニックを選ばなければなりません。また目が開けにくくなる・閉じにくくなるとか、目の上が窪むといった失敗例も、まれに見られます。自然に解消する場合もありますが、再手術が必要になることもあります。二重整形で結果が気に入らなくても、諦める必要はありません。経験豊富で上手なドクターであれば、難しい再手術でも希望どおりの仕上がりにすることが可能です。口コミなどを参考にすると同時に、しつこいぐらいカウンセリングを受けて、納得できるまで情報を集めることが大切です。